美味しく飲むなら必読!ワインの正しい保存方法まとめました

ワインは保存方法ひとつでより美味しくなる


ワインは開けたその日に飲みきれ、という格言があります。

ですが、いくらワインが好きでも独り暮らしの方、そこまでアルコールに強くない方など買ったその日に空けることが難しい方も多くいますよね。

ワインは保存が非常に難しく、適切な状態を保たないとワイン本来の美味しさを保ち続けることが非常に難しいです。

ですが、自宅保存でも劣化を遅らせることはできます。ワインを美味しく楽しみたい方は、ぜひ保存方法に工夫してみてくださいね。

ワインにとってちょうどいい場所や温度とは


ワインは非常にデリケートで、温度、湿度、光などの管理でその品質が大きく異なります。

まずはワインにとってちょうどいい場所や温度、湿度について知るところから始めてみましょう。そうすることで、適切な保存のコツが見えてきます。

①光の当たらない暗い場所

ワインは日光に当たることで大きく劣化してしまいます。

光が当たることで不用意に液が温まってしまうことはもちろん、紫外線などもってのほか。

ですので、日光に当てることはもちろん、蛍光灯の光も劣化を防ぐ上では当てない方が好ましいと言えます。

極端な話、環境としては真っ暗闇がもっともワイン保存に適しているとも言えますね。

ですので、ボトルそのものを光に当てないようにする工夫が必要です。

ワインにラッピングがされている、紙箱や木箱に入っているという場合は、飲むまではそのまま開封しない方が良いと言えるでしょう。

それらの包装が無い場合は、古新聞などをボトルに巻くことで、外部からの光を遮断する対策を施すのがおすすめです。

②涼しく温度に変化がない場所

日本には四季があり、夏と冬でその気温差は20度以上はありますよね。

ですが、ワインは温度変化に強くはありません。特に四季があり、さらに朝夕の寒暖差が激しい日本はワインの保存にはあまり適さない機構でもあります。

ただ、夏から冬にかけてワインを半年以上保存する方はそうそういないでしょう。

もらったら出来るだけ早めに飲みきるか、飲まない場合は適切な方法で処理を行うことをおすすめします。

ですので、少なくとも朝夕の寒暖差からワインを守るため、ワインを自宅で保存する場合は温度変化の少ない場所を選んで保存しましょう。

例えば冷蔵庫の野菜室や、日中常に光が当たらず、温度もほぼ一定に保たれている戸棚の奥など。これらの場所に入れてワインを出来るだけ温度変化に触れさせないようにする工夫が必要です。

③湿度の高い場所(65%~80%)


ワインは湿度が高い場所を好みます。特に適切と言われている湿度は65%〜80%ほど。

意外と湿度が高い場所の方が良いその理由は、コルク栓に含まれている水分が蒸発して、その隙間から空気が入ってしまうから。

ボトルの外の新鮮な空気がボトルのなかに入ってしまうとワインが必要以上に酸化して味が損なわれてしまいます。

確かに赤ワインはある程度酸化させることでその味わいが増すと言われていますが、それはある一部の銘柄だけの話で、その酸化のタイミングも飲む直前のわずかな時間。

保存中のワインを酸化させるのは、ワインを保存する上では避けるべきことなんですよね。

ですのでコルク栓が乾燥しない、高湿度な場所を選ぶことでワインの酸化を徹底的に避けましょう。湿度計を持って部屋のなかでワインの保存に適切な場所を探してみてください。

長期保存にはワインセラーが最適


このように、ワインを保存する上での適切な条件は3つありますが、都合よくこの3つを兼ね備えた環境が自宅にある方は少ないでしょう。

そうなるとワインセラーはワインの保存に最も適したアイテムだと言えるでしょう。

ワインセラーを使えば、常にワインを適切な照度、温度、湿度の環境で保存することができます。

ワインセラーを購入するとなると、費用も場所もかなり取られるのでは、と思うかもしれませんが、近年ではワインセラーは非常に身近なものになっています。

戸棚の上や中に設置できる3本〜5本用の小さめなワインセラーも格安で購入できるので、日常的にワインを飲む方はぜひ導入を考えてみてくださいね。

ワイン通販サイトなどではワインと一緒についで購入できるミニサイズのワインセラーもありますよ。

ワインセラーがない場合の保存方法


ただ、贈り物のワインを一定期間保存したいだけ、などワインセラーを購入するのはもったいないという方もいます。
その場合は、先ほどご紹介したワインの保存に適切な光、温度湿度を守ることから始めてみてください。新聞紙などに巻いて光を遮断したワインを、適切な温度の場所に保存。

また、戸棚のなかではなく冷蔵庫のなかでも比較的ワインの場所を確保しやすく、温度、湿度を常に一定に保つことができる野菜室も適切な場所だと言えます。

これらを活用してワインの適切な保存スペースを確保してみてくださいね。

まとめ

  1. ・ワインはデリケートで保存に気を遣う飲み物
  2. ・ワインの保存には適切な照度、温度、湿度がある
  3. ・長期保存したい場合はワインセラーの購入もおすすめ
  4. ・ワインセラーは格安でミニサイズなものも存在する
  5. ・ワインセラーがない場合は新聞紙にくるんで野菜室保存がおすすめ

ワインはただ置いておくだけでも簡単に劣化してしまいます。ですので、常に美味しいワインを飲み続けるためにはそのワインの適切な保存方法を守る必要があるんです。

ただ、ワインは美味しい状態で届いたものを出来るだけ早く飲むに越したことはありません。

美味しいワインを飲みたい方は、ワインを適切に保存するとともに、早めに飲みきる算段も付けることをおすすめいたします。

保存の前にどこでワインを買ったらいいか分からないひとはこちらをチェック!:どこで買えばいいかわからない人必見!ワイン通販の選び方まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加