白ワインのことがよく分かる!基礎知識まとめ

白ワインの基礎知識


ワインのなかでも比較的飲みやすく、広く愛されている種類として知られているのが白ワインです。

ですが、日本には多くの銘柄の白ワインが出回っていて、どのワインが美味しいのか、どんなワインがどんな味なのかわからない方も多いでしょう。

そこで知って欲しいのが、白ワインの基礎知識です。

美味しいことは知っていても、白ワインの造り方や一般的な味わいについてはご存知でしょうか?

今回は、白ワインに関する基礎知識についてまとめますね。

そもそも白ワインとは?


ワインの原材料がブドウであることは、多くの方が知っていることでしょう。

白ワインの場合もそこは共通しており、白ワインの場合は数あるブドウの種類のなかでも白ブドウと呼ばれる種類のブドウが使われています。

液の色は白から黄色〜黄緑色で、白ブドウも同じく淡い黄色〜黄緑色をしています。マスカットのようなイメージを持つとわかりやすいですね。

透明感があり、味も非常にすっきりしていることから、比較的飲みやすいのが特徴です。

特に白ワインの特徴として、ブドウの完熟度合いによって風味に大きく差が出ることが挙げられます。

完熟していればその分甘みが増して甘口のワインが出来上がり、逆に若いブドウを使うと辛口のスッキリとした味わいのワインが出来上がります。

このようにブドウの出来や風味に大きく味が左右されるので、白ワインの醸造は非常に繊細なものであることもポイントのひとつですね。

白ワインの醸造方法


白ワインを造る上でまず、収穫した白ブドウを潰して、果汁を抽出しやすい状態にします。

そしてそのブドウを圧搾し、少しずつ発酵前のブドウ果汁を取り出します。

白ブドウにはポリフェノールが多く含まれているので、この時沈殿の度合いで果汁を分けると、香りや風味の異なる2種類の白ワインを造ることができますよ。

そして、取り出した果汁を発酵させます。白ワインの場合、常温ではなく低音でじっくりと発酵させるのも赤ワインとの違いですね。

発酵を続けると糖質の割合が変わってくるので、発酵の度合いによっても甘口、辛口の違いが生じてきます。

ですので、甘口の白ワインの方が発酵期間が短くブドウジュースに近い味わいになり、発酵がしっかり進んだものほど辛口でさっぱりとした白ワインらしい味わいに仕上がるのがポイントです。

そして、発酵が終了したら、「オリ引き」と呼ばれる作業に移ります。

オリ(雑味や淀み)を発酵させた白ワインから取り除き、樽やタンクに入れてさらに熟成させれば完成。ボトルに詰めて流通され、手元に美味しい白ワインが届きます。

白ワインの味わい


白ワインはワインのなかでも非常に飲みやすく、日本でも多くの方に親しまれています。

さっぱりとしていて上品な味わいがあるので口のなかに残るような印象はなく、食事とも相性が良いです。

また、フルーティで軽い舌触りなのも人気の理由でしょう。その味わいから柑橘類、洋梨、アプリコットなどの味に例えられることが多いです。

その一方で、一般的に長期熟成にはあまり向いていないワインでもあります。熟成による味わい深さが出るのは、赤ワインに含まれているタンニンが要因であることが多いです。

ですが、白ワインはタンニンが多く含まれている皮の部分は取り除くので、熟成すると味わい深さよりも白ワイン特有の酸味や苦味が目立ってきてしまいます。

なので、白ワインは大事に取っておかずに購入したら出来るだけ早めに飲みきってしまうのがおすすめです。

まとめ

  1. ・皮を取り除いて発酵させるのでスッキリ爽やかな味わいと色になる
  2. ・原料である白ブドウにより味わいが大きく左右される
  3. ・柑橘系や洋梨などの味わいに例えられることが多い
  4. ・白ワインは万人受けする味わいでワイン初心者にもおすすめ

白ワインは食事との相性も良く、日本でも多く愛されています。

特に、魚料理との相性が良いことから日本食と合わせて飲みやすいところも、愛されている理由のひとつですね。

そんな白ワインには赤ワインとは大きく違った特徴があるので、ぜひ安価に手に入れられるニュージーランドの美味しい白ワインを試してみてください。

基礎知識があるのと無いのとでは、その選び方や味わい方もまた違ってきますよ。

関連:赤ワインのことがよく分かる!基礎知識まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加