【赤・白ワイン別】食材の選び方がわかる!マリアージュの法則まとめ

ワインと食材のマリアージュの法則


ワインを飲む上で、「マリアージュ」という言葉を耳にした方も多いかもしれません。

通常英単語としては「結婚」を意味するマリアージュですが、ワインは食事との相性の良し悪しが非常にはっきりしていることからこの言葉が浸透していきました。

ですが、ワインやその風味、味わいに詳しくない方にとってはマリアージュと言ってもその合わせ方もわからないですよね。

この記事では、初心者でも簡単にワインと食材のマリアージュを楽しむことができる法則についてご紹介いたします。

①ワインと食材の色を統一


ワインと食材は、基本的に同じような味わい、濃淡のあるものを選ぶと美味しいとされています。そこでまず基本として押さえたいのが、ワインと食材の色です。

もし牛肉を食べる場合は、牛肉と同じ赤ワインを、白身魚を食べる場合はその魚と同じ色の白ワインを選んでみましょう。

そうすることで、濃厚な味のものは赤ワインでさらにコクとまろやかさが高まり、さっぱりとした味わいは白ワインで油と合わさり後味もすっきりします。

基本的にはこの色に注目すると良いでしょう。慣れてきたら、同じ白ワインでも野菜系に合わせるなら黄緑系の液のものを、など同じ種類でも少しずつ食材の色に似ているものにこだわって探してみてください。

②ワインと食材の味わいを統一

色と同じく、食材の味わいを統一させるのも法則としておすすめです。

味わいと言っても食材もワインも千差万別。ですが、簡単なところでは「あっさり」か「こってり」かの違いが挙げられます。

あっさりした味わいの食材にはさっぱりとした白ワインを、こってりジューシーな料理には赤ワインを、というように。

また、辛口か甘口かで判断するのも良いですね。スパイシーな料理の場合は辛口を、酸味のある料理には酸味の強いものを、スイーツには甘口や貴腐ワインなど。

ワインの味と食材の味のベクトルを合わせると、味わいの相乗効果でさらに美味しく楽しむことができます。

③ワインと食材の産地を統一


これら①②を押さえたら、もうワンランク上のマリアージュを目指してみましょう。

それが、産地の統一です。基本的にワインはその土地の気候や風土によって大きく味が左右されるので、産地によって同じ種類のワインでも味わいが異なります。

それと同時に、ワインはその土地で食べられている料理や産地の人々の口に合うように造られているものがほとんど。ということで、産地を統一するとその国の人が日頃合わせている相性抜群のワインと食事を楽しむことができるんです。

例えば和食に合わせるなら国産ワインを、ニュージーランドワインに合わせるならニュージーランドで有名なラム肉を合わせるなど。食事と合わせると、さらにその美味しさや味わいが増しますよ。

まとめ

  1. ・ワインと食材の色を合わせるとマリアージュする場合が多い
  2. ・ワインと食材の味わいを合わせると相乗効果で味を高め合う
  3. ・ワインの味は風土により異なるので、食材の産地を合わせるのもおすすめ

ワインを食事中に飲む場合はもちろん、おつまみと合わせる場合も、このマリアージュの法則を意識して選んでみてください。

マリアージュすることで、ワインも食材も旨味が増幅し、そのワインの虜になってしまうかもしれませんよ。

食事と一緒にワインをおいしく楽しむなら正しい保存方法で保存しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加